「SWEET」LOVE ME TENDER

SWEET / LOVE ME TENDER

Pヴァイン・レコード( 2012-11-21 )


95枚もCD購入した一昨年と違い、昨年は25枚しか購入しなかった訳だが、少ない中でもなかなかに良いバンドが多かった。昨年末最後に購入して書き忘れていた LOVE ME TENDER は、その中でもなかなかの出来。ポップな楽曲が素晴らしくて演奏も大変格好良い。もうなんというかインストバンドでもいいんじゃないですかという感じ。しかしながらこのバンドで一番謎なのは、ドラムでもある女性ボーカルがなぜかアニメ声のヘタウマであるところ。最初はちょっと違和感があったりしたのだが、聴いてると妙に癖になる。なんだかよくわからないけど、そのアンバランスなところがたぶん良いんだと思う。このバンドの次回作にも期待したい。
 
 


The Scene Changes’ -The Amazing Bud Powell, Volume Five-

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

2013年最初の買い物は、かなり昔から買おう買おうと思いつつ、なかなか買えずにいたBud PowellのCD。大学生の頃JAZZ喫茶で Cleopatra’s Dream 聴いてそのうち買おうと思ってからだから、もう四半世紀くらいたったのか。元が1958年の録音なのでそれほど音質に期待していなかったが、2003年にリマスターされた盤だったので意外に音も良好で、998円の輸入盤のわりには思ったより良かった。


「裸人」Rabbit

裸人 (ALBUM+DVD) (数量限定生産) / Rabbit

cutting edge/Revolution Recordings( 2012-12-12 )


通りすがりのHMVで購入。ホントはエイベックス系のCDは買わないことにしてるんだけど。
じゃがたらのメンバーだった南流石がプロデユースしたユニットで、THEATRE BROOKのメンバーとその界隈が参加。でボーカルが大塚愛とか。
大塚愛みたいなテレビにバンバン出てたような音楽は普段あんまり聴かないのだけど、佐藤タイジと絡んだ楽曲なんかは結構格好がよかったりする。


Kindle Paperwhite 3G

Kindle Paperwhite 3Gを購入。Amazonで発売開始して即オーダしたので本当は20日に届くと思っていたのだが、なぜか22日になって到着。自分より後にオーダした人んとこに20日到着していたりとかちょっと納得いかないがまあいいです。E Inkデイスプレイの端末は初めてだけど、文字を読むということに関してはなかなか良くできていてかなり見やすい。6インチのディスプレイは文庫本のサイズより小さいけれど、フォントのサイズを変えることができるので老眼にもやさしい。ただし漫画はさすがに吹き出しの文字が小さすぎて厳しい。コマを拡大する機能はあるがやっぱり見難い。漫画はiPadなどのもう少し画面の大きな端末で見るのが良い。Kindle Paperwhiteは、老眼の進んだ自分にはやはり小説などのテキスト用になるだろう。

ということで、とりあえずKindleストアーから何冊か購入してみたが、電子データなので物としての所有欲はイマイチ満たせない。おまけに、本を買うという行為が簡単過ぎて心理的ハードルが低く、油断すると余計なものまで買いそうになって危険だ。しかしながら、クラウド上に購入したすべての書籍を置いておき、必要に応じで端末にダウンロードし、複数の書籍を簡単に切り替えながら読めるところは良いかも知れない。買った本を整理するにも置き場所に困ることもないし、あとで読み返そうと思っていた本が行方不明になる危険もない。すでに本棚から本が溢れている現実を考えれば、電子書籍化がすすむのも悪くないかも知れない。あとはKindleストアーのラインナップがどのくらい充実していくか次第だな。


「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012」山下達郎

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(初回限定盤) / 山下達郎

ワーナーミュージック・ジャパン( 2012-09-26 )


久々のCD購入を記録。なぜ山下達郎なのかとか、なぜ今頃なのかとかいろいろあるが、普通ならAmazonで4,700円とかするようなCDはけっして買わないところを、TOKYO FM「山下達郎のサンデーソングブック」を聴いていたらなんか買わないとダメな気分になってきたので、諸般の事情で余っていたAmazonギフトにて購入。maxellのCMやってたころから結構好きだったんだけど、今までなかなかちゃんとCD買うこともなかったので、やっとまともにひと通りの曲聴いてみたわけだが、どれもよく知ってる曲ばかりで、やっぱり売れてる人なのねと再確認してみるなど。


Apple iPad mini

ということで昨日Appleストアーに朝から並んで購入。これに音楽データを入れて持ち歩く気はないので素直に16Gのホワイトを購入。WiFiモデルだし開通の段取りとかは無いので8:00オープンから10分くらいで購入の段取り終了。楽勝で始業時間までに出勤できた。

Nexus7もあるので実用で困っていることは無かったわけだが、まあ、とりあえず買うよね、ということで。

実際使って見た感じは、やはりその質感はそのへんのAndroidタブレットじゃ勝負にならないよねという感じ。工業製品としてのクオリティは、やっぱりAppleちょっとおかしいんじゃないかと言うくらいの出来栄えだと思う。実際に手に持った感じは、日本人の手のサイズだとNexus7のほうが持ちやすいと思うが、重量はiPad miniのほうが軽く厚みも薄いのであまり大きな差は感じない。発表時から言われていた液晶のクオリティは、老眼の進んだ目には細かい字の読みやすさなどやや厳しいものがあると感じたのだが、そこは使用しているうちにすぐに慣れてそれほど違和感は感じなくなった。他のスペックもカタログ的にはNexus7には劣るが、実際の使用感で差は感じない。Nexus7もJB4.1になってかなり良くできていると感じるが、タッチパネルのヌルヌル感はやっぱりまだまだAppleにはかなわない感じ。
今回iPad miniを購入した理由の一つに、普段iPhoneで使用しているアプリのiPad版を試して見たいというのもあったのだが、幾つかのアプリを試してみると、やはりAndroid用アプリはまだまだだなと感じた。AndroidアプリとiOSアプリのUIの差ってなかなか埋まらないもんなんだな。

ぱっと見iPad mini押しなので、もしかして私はApple信者とか思われているかもしれないが、私自身はAppleもGoogleもどちらもないと困るぐらい愛用しているのでどちらか一方を押すことは無い。いろいろ言っても、Nexus7とiPad miniのどちらが買いかというのは非常に難しい。故に結論としては、まあどっちも安いから両方買っとけとよ、ということですな(笑)


Google Nexus7

これも日本での発売が開始されて即購入。買ったのは16Gモデル、というか32Gはまだ出てなかったからな。
なかなか良くできていて使いやすい。JB4.1はすでにGalaxy Nexusで使用していたが、タブレットで仕様してももなかなかよくできていると感じる。Googleのリファレンス機故にメーカー独自のいろいろが入っていないシンプルなUI故にそう感じるところもあるかもしれないが、所有しているGalaxy Tab 7.7(ICS)と比べるとその差は大きいと感じるね。まだ買ってから半年しかたっていなのに、Nexus7のほうが買値で半分以下スペックも上とかもうね。このスペックでこのお値段だとまだしばらくはNexus7超える7インチのAndroidタブレットは、他のメーカーからは出てこないかもしれない、というか出せないよねw


Apple iPhone5

iPhone5

9月からそこそこ買い物していたけれどまったく記録していなかったのでいまさらだけど一応書いとく。
今回も発売日にホワイトの64Gを購入。今までとの違いは、これを機会にSBMと縁切りしてauにMNPしたこと。国内で最初に発売されたiPhone3Gから4機種SBMで乗り継いてきたわけだけど、やはりかけてる金の違いというか、通信事業に対する姿勢の問題というか、SBMの時のような使っていて四六時中イライラさせられるようなことはかなり少なくなった。無線のつながり具合は使用する環境にもよるところはあると思うが、やはり設備投資に対する考え方はauの方が圧倒的にちゃんとしているというのが使ってみた正直な感想。iOS6に対するいろいろはもちろんあるけれど、今まで使用したiPhoneの中でもiPhone5が一番満足度が高いのは確かだと思う。


「ズボンのチャック/スカートめくり」さめざめ

7月に出たさめざめのシングルも買ってました。素晴らしい、がやっぱりエロソング(笑)しかしさめざめは楽曲が良い。何聴いてもハマります。
 
 


「独裁者の孤独」虚弱。

今年に入ってずっと注目してるガールズなインストバンド”虚弱。”のシングルがリリースされたので購入。ディスクユニオン限定販売でもう売ってません。この8月でベースが脱退したようだが、解散とかしないで2ndがリリースされることを期待。